ワールドギフト
スタッフブログ

ランドセルを寄付する事で子供達の未来が変わっていく

日頃からフェイスブックやインスタグラムで活動の報告はせていただいてはいるんですが、細かな思いなどがなかなか日本の皆様へお伝えできていませんでしたので、少し掘り下げてお伝えさせていただきます。

私たちワールドギフトが取り組んでいるランドセルの寄付について。

こちらの記事では視点を変えて寄付してもらった子供達がランドセルを寄付してもらった後の変化を日本の皆様へお伝えさせていただきます。

ランドセル寄付でワールドギフトをご利用の皆様の思いが貧しい子供達の未来を変えている現実

私たちワールドギフトが寄付活動を行っている一例なんですが、ランドセルの寄付先にフィリピンという国で国の援助等もなく、学校に行くことができない子供達が集まる施設を運営している方がおられます。

その施設を運営している方の思いといたしましては、都市部では発展が著しいフィリピンという国で、貧しい子供達は学校に行くことさえできなくて、社会からどんどん取り残されて孤立していくことを心配しているとのことです。

その施設を運営することによって小さな社会を作ってかつ、さまざまなゲームなどを通して学習して学ぶことが重要です。

ですが、子供の頃ってどうしても学校に行くのがおっくうになったり、学ぶことの楽しさにきづくまで時間がかかりますよね。

そこで 一翼を担うのが我ら日本のランドセル!

まず外国の子供たちは、ランドセルにすごく興味をいだきます。

ポケットがたくさんある~だとか、丈夫そうで重そうだけど軽い~だとか、金具を合わせるだけで自動でロックされる~

といった具合に機能的な驚きの連続でたいていランドセルを好きになってくれます。

ランドセルを好きになってくれると次はランドセルを背負うことが好きになっていきます。

さらに次の段階では、ランドセル背負っておでかけしたくなって、その施設にいきたくなるようになってくれます。

その施設にいくことで勉強だけでなく、集団生活にとけこんだり、最低限のマナーなども自然と身についていきます。

また、もっと突っ込んだお話をさせていただきますと、ランドセルと一緒にえんぴつや消しゴム、ノートや折り紙などをプレゼントすることによって、

ノートに何か書きたくもなりますし、折り紙で何か作りたくもなります。

道具を使うことから勉強する楽しさのきっかけを作ることができます。

ワールドギフトとしてランドセル寄付はこれから続けていかなければならいミッションです。

これまでランドセル寄付で子供達の未来が変わる一例をご紹介させていただきました。

今回ご紹介させていただきましたフィリピンという国の貧しかったり、障害があったりと社会的立場の弱い子供達は、日本なんかと比べものにならないくらい不自由な暮らしをしています。

国から補助金が出るなんて聞いたことがありません。(一部あるかもしれませんが、、、)

そういった現状の中でワールドギフトとしての寄付活動はすごく重要な役割を果たしていると自負しております。

ですのでこれからも寄付活動を続けていきます!

この活動に賛同していただける日本の皆様のご協力、よろしくお願いいたします。

ラインアット始めました!お友達追加でたくさんの寄付実績などをご覧になれますのでぜひご登録を!

友だち追加