ワールドギフト
スタッフブログ

片付けはどこから手をつけるべき?そのコツをお伝えいたします!

片付けるのが苦手!と言われる方多いですよね。私のその中の一人です。(笑)

 

旦那さんだったり、子供さんだったりが使いっぱなしの物をそこら辺に置いたり、脱ぎ散らかしたままの服を放置していて家の中が散らかってしまう。

 

毎日毎日片付けるのが面倒だし、どうせまた散らかるし、家が散らかるのは仕方ないとあきらめていませんか?

 

ほんとどこから手を付けたらいいか迷いますよね?ですのでこれから片付けのコツをお伝えいたしますので、ポイントを絞って片付けしてみてください、すっきりしますよ!

 

スポンサードリンク

まずは散らかる原因を考えてみてください。主な原因は?

 

①実際使わない不用なものがある。

②収納する場所が決まっていない。

③収納方法がわからない

④役割分担できていない。(旦那や子供に②、③を指導する)

 

この4点です。

この4点をクリアすれば片付づくいい流れが作れます。

 

あと皆様に想像していただきたいのですが、どの場所にどんなものが一番散らかっていますか?

 

私は、特に衣類です。プライベート用の服や仕事で使う作業着です。

 

奥様でしたらまず、洗い場付近に服が散らかっていると思いますので、お子さんや旦那さんの洗い物は各自洗い物入れに入れるように教育してください。

 

そして奥様が洗濯して干して乾いたらお子さんの服はお子さん自身で片付けさせる。旦那さんの服は旦那さんに収納させる。

 

収納する方法とエリアを指定してあげると分かりやすいですよね。

 

あと、できなければ罰則をあたえるといいです。例えば罰金制です。

 

うちはこの制度を採用していますので、旦那である私はかなり真面目に片付けるようになりました。

 

お小遣いが減ると大変なので(^^;)

 

あと、文房具に限らず小物はかなり散かりますよね。リビングのテーブルの上でさえ散らかってないですか?

 

さらに小物繋がりで言いますが、台所の調味料などの小瓶も散らかりやすいですよね。

 

これからその対策のコツをお伝えいたします。

 

スポンサードリンク

結局片付けはどこから手をつけるべきか?そのコツは!

どこから片付けるべきかというと上記で紹介した散らかりやすく、片付けづらい・衣類・文房具類・キッチンの調味料類です。

 

具体的にいうと例えば衣類

 

クローゼットがあればすごく簡単ですよね。そのスペースに1着づつハンガーで掛けて保管していればいいのですから。

 

ですが散らかるお宅は大抵そんな便利なクローゼットなんてありませんよね。そのスペースがなければまず作ってください。

 

部屋が狭くてそんなスペースないよ~というのであれば、部屋の隅にパンプハンガーを用意して衣類をハンガーにかけるだけでもだいぶすっきりしますよ!

 

パイプハンガーとはこんなものです。

 

 

押し入れに衣類を収納したい方は、チェストをおすすめいたします。

 

こんな感じのものです。

 

 

衣装ケースだと下の方にうずまっている衣類が最高潮に取り出しづらいのでイライラしますのでおすすめできません。

 

衣装ケースとはこんな感じのものです。

 

 

文房具類収納の具体例

 

小さくてちらかりやすいので、収納ボックス(小さな棚)を用意してください。

 

こんな感じのケースです。

 

 

ここでポイントは、できるだけ透明なケースを選ぶということと、1段目ペン類、2段目メモ用紙やその他といった具合にある程度種類分けする。

 

台所での調味料の収納例

 

やはりここで活躍してくれるのが収納ボックスです。こんな感じです。

 

 

まとめてみますと、繰り返しになりますがやはり①~④のポイントをおさえておくと片付けがスムーズになります。

 

①実際使わない不用なものを処分する。(寄付によるリユースもご検討ください。)

②収納する場所を明確に決める。

③収納方法として適切な収納ボックスを用意する

④役割分担で片付けを習慣化する(旦那や子供に②、③を決めて指導する)

 

この4点を意識すればその場しのぎの片付けではなく、片付く流れが出来上がりますので今後散らかりづらいですよ(^-^)

 

スポンサードリンク